日本の除草剤抵抗性に関する発表文献(2005年以降)

(各年ごとアルファベット順に掲載/2017年11月15日更新)

記載漏れ・間違い等ありましたら、中央農業総合研究センター 内野 彰(uchino@affrc.go.jp)までご連絡お願いいたします。

2005年|2006年|2007年|2008年|2009年|2010年|2011年|2012年|2013年|2014年|2015年|2016年|2017年

2004年以前のスルホニルウレア系除草剤抵抗性 | 2004年以前のパラコート抵抗性およびシマジン抵抗性 | 除草剤抵抗性雑草研究会のホームページ

    2017年

  1. Chayapakdee, P., S.Iwakami, A.Uchino, Y.Sunohara and H.Matsumoto(2017)Investigation of a role of β-cyanoalanine synthase in quinclorac resistance in multiple-herbicide resistant Echinochloa phyllopogon.The 56th WSSJ Annual Meeting Abstracts,47.

  2. Chayapakdee, P., S.Iwakami, Y.Kamidate, A.Uchino, L.Fan, Y.Sunohara and H.Matsumoto(2017)Enhanced activity of β-cyanoalanine synthase does not confer quinclorac resistance in multiple-herbicide resistant Echinochloa phyllopogon.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.180.

  3. Guo F., S.Iwakami, K.Nagai, A.Uchino, Y.Sunohara and H. Matsumoto(2017)Investigation of clomazone resistance mechanism in multiple-herbicide resistant Echinochloa phyllopogon.The 56th WSSJ Annual Meeting Abstracts,46.

  4. Guo F., S.Iwakami, T.Yamaguchi, K.Nagai, A.Uchino, Y.Sunohara and H.Matsumoto(2017)Investigation of clomazone resistance mechanism in multiple-herbicide resistant Echinochloa phyllopogon.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees, p.184.

  5. Handayani, V.D.S., Y.Tanno, M.Yamashita, H.Tobina, M.Ichihara, Y.Ishida and H.Sawada(2017)Influence of weed management measure on glyphosate resistance and endophyte infection in naturalized Italian ryegrass (Lolium multiflorum).The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.341.

  6. 古山千恵,青山良一,西田直人,内田孝行,松本雅好,牛口良夫(2017)新規水稲用除草剤モリネート・ピラクロニル・テフリルトリオン混合剤に関する研究(第2報)-移植水稲での作用特性-.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,36.

  7. 比屋根真一,伊禮信,下地格,仲宗根弘晃,高江洲賢文,入嵩西貢(2017)沖縄県のサトウキビ畑におけるグルホシネート液剤をもちいた雑草防除.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,62.

  8. 池町健太,北原克也,古山千恵,眞鍋陽平,青山良一,今村信子,田丸洋,吉野康佑,門谷淳二(2017)新規水稲用除草剤シクロピリモレート・テフリルトリオン混合剤の特性.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,34.

  9. Iwakami, S., Y.Shimono, Y.Manabe, M.Endo, H.Shibaike, A.Uchino and T.Tominaga(2017)Copy number variation in acetolactate synthase genes of thifensulfuron-methyl resistant Alopecurus aequalis (shortawn foxtail) accessions in Japan. Frontiers in Plant Science 8, 254 (doi: 10.3389/fpls.2017.00254).

  10. Iwakami, S., Y.Shimono, Y.Manabe, M.Endo, H.Shibaike, A.Uchino and T.Tominaga(2017)Copy number variation in acetolactate synthase genes of thifensulfuron-methyl resistant Alopecurus aequalis (Shortawn Foxtail) accessions in Japan.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.267.

  11. 岩上哲史,内野彰,小澤友理子,冨永達,汪光熙(2017)コナギおよびミズアオイにおけるALS遺伝子の単離およびベンスルフロンメチル抵抗性機構の解析.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,93.

  12. Jin, Y.(2017)A rapid assay method for detecting ACCase activities of grasses using malachite green.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.178.

  13. Kamidate Y., S.Iwakami, Y.Sunohara, M.Endo, S.Toki, A.Uchino and H.Matsumoto(2017)Investigation of the resistance mechanisms to several ACCase inhibitors in multiple-herbicide resistant Echinochloa phyllopogon.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.275.

  14. Kobayashi, M., S.Nomoto and I.Shiraishi(2017)RinskorTM Active: biological studies with granule and EC formulations in Japan.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.188.

  15. Komai,T., Y.Sunohara, H.Kawano, S.Iwakami, K.Hayashiand H.Matsumoto(2017)Comparison of the physiological effects of five different auxinic herbicides on Arabidopsis thaliana mutants.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.233.

  16. Kurata, K., Y.Shimono, S.Iwakami, M.Miyashita and T.Tominaga(2017)Non-target site resistance to glyphosate in Lolium multiflorum in Japan.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.274.

  17. 倉田康平,永井絵理,下野嘉子,岩上哲史,冨永達(2017)日本におけるグリホサート抵抗性雑草の出現とそれらの抵抗性機構.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,60.

  18. 松田晃,岩上哲史,青木大輔,内野彰(2017)山形県に発生した除草剤抵抗性オモダカの遺伝子変異と各種除草剤成分に対する反応.雑草研究62,117-125

  19. 聖代橋史佳,上西愛子,久保深雪,野村研(2017)神奈川県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草の現状.神奈川県農業技術センター研究報告161,7-16.

  20. 太田健介,藤野美海,定由直(2017)SU剤抵抗性のコナギおよびミズアオイのイマゾスルフロンに対する薬量応答.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,49.

  21. Ohta,K., Y.Fujino and Y.Sada(2017)The dose responses of various sulfonylurea-resistant Monochoria vaginalis to ALS inhibitors.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.174.

  22. Okuno, J., S.Iwakami, A.Uchino, K.Nakamura, R.Nakamura, K.Tsuchida and M.Yokoyama(2017)Amino acid substitutions in ALS genes of Cyperus brevifolius biotypes resistant to sulfonylurea herbicides from several golf courses, Japan.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees, p.266.

  23. Sada, Y.(2017)Stacking effects of the mutated ALS genes in SU-resistant Schoenoplectiella juncoides.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.175.

  24. 定由直(2017)SU抵抗性イヌホタルイにおける変異ALS遺伝子の累積効果.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,48.

  25. Sada, Y. and A. Uchino(2017)Biology and mechanisms of sulfonylurea resistance in Schoenoplectiella juncoides, a noxious sedge in the rice paddy fields of Japan. Weed Biology and Management 17, 125-135.

  26. Shigefuji, T., Y.ushiguchi, K.Takahashi, T.Sakai and T. Uchida(2017)Effectiveness of the rice herbicidal agent, Pyraclonil.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.196.

  27. 白水健太郎,川西直樹,張強,坂本卓也,河内真一郎(2017)新規水稲用除草剤メタミホップ乳剤の作用特性.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,38.

  28. 田丸洋,吉野康佑,今村信子,佐伯聡一,安藤卓也,三浦孝子,江田貞文,門谷淳二(2017)新規除草剤シクロピリモレートに関する研究-シクロピリモレート・ピラゾレート混合剤の生物効果-.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,33.

  29. Tamaru, T., T.Sakamoto, K.Yoshino, N.Imamura, S.Saeki, T.Ando, S.Koda, Y.Tsukamoto, J.Kadotani, K.kemachi, K.Kitahara, C.Furuyama and R.Aoyama(2017)A new rice herbicide: cyclopyrimorate.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.190.

  30. Tominaga, T. and S. Kurokawa(2017)Weed problems in Japan.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.154.

  31. 内野彰,岩上哲史(2017)シハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエにおける多除草剤抵抗性と有効な除草剤.中国・四国雑草研究会会報,10,10-14.

  32. Uchino, A., S.Iwakami, M.Hashimoto, K.Hamamura, K.Matsushima and H.Watanabe(2017)Responses to several herbicides in multiple herbicide resistant biotypes of Echinochloa crus-galli var. formosensis.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.263.

  33. Ueda, K., Y.Amano, A.NAagamatsu and M.Kobayashi(2017)The effects of Fenquinotrione on ALS-R broadleaf weeds under flooded conditions .The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.194.

  34. 薄井雄太,青木政晴,三浦恒子,内野彰(2017)イヌホタルイ(Schoenoplectus juncoides)実生の除草剤反応を利用したアセト乳酸合成酵素(ALS)阻害剤交差抵抗性の簡易検定法とその利用による秋田県の発生実態調査.雑草研究62,126-133.

  35. Yamaguchi, T., S.Iwakami, Y.Sunohara and H.Matsumoto (2017)Heterologous production and characterization of CYP81A enzymes from a multiple herbicide-resistant weed, Echinochloa phyllopogon.The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.277.

  36. Yamamoto, S., Y.Tanetani and K.Kawai(2017)Study on the mode of action and metabolic detoxification of a novel herbicide, fenquinotrione .The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Program Book, ed. by The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference Organizing Committees,p.232.

  37. 吉野康佑,田丸洋,今村信子,佐伯聡一,安藤卓也,三浦孝子,江田貞文,門谷淳二(2017)新規除草剤シクロピリモレートに関する研究-水稲用除草剤としての特性-.日本雑草学会第56回大会講演要旨集,32.


    2016年

  1. 濱村謙史朗,阿部秀俊,岩上哲史,内野彰(2016)市販の水稲用除草剤を用いた発根法によるSU抵抗性雑草の簡易検定.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,40.

  2. 市原実,石田義樹,小池清裕,新實由貴,木田揚一,神谷径明,鈴木亨,済木千恵子,山下雅幸,澤田均(2016)静岡県内の水田周辺部におけるグリホサート抵抗性ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)の分布.雑草研究61,17~20.

  3. 市原実,宮田祐二,石田義樹,小池清裕,山下雅幸,澤田均(2016)静岡県中遠地域の水田周辺部におけるグルホシネート抵抗性ネズミムギの発生実態.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,129.

  4. 神義伸(2016)マラカイトグリーンを用いたイネ科植物におけるACCase活性の迅速アッセイ法の確立.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,45.

  5. 川村富輝(2016)部分浅耕播種を利用した麦圃における除草剤抵抗性スズメノテッポウ(Alopecurus aequalis)とカズノコグサ(Beckmannia syzigachne)の総合防除法.日作紀85,327-333.

  6. 河野裕之,春原由香里,岩上哲史,林謙一郎,松本宏(2016)シロイヌナズナTIR1/AFBオーキシン受容体変異株を用いたキンクロラックのオーキシン受容体への認識特性の検討.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,39.

  7. 倉田康平,新實由貴,宮下正弘,下野嘉子,冨永達(2016)グリホサート抵抗性ネズミムギのグリホサート抵抗性機構.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,131.

  8. 倉田康平,下野嘉子,市原実,石田義樹,冨永達(2016)グリホサート・グルホシネート複合抵抗性ネズミムギの出現.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,36.

  9. 松田晃,岩上哲史,内野彰(2016)バイオタイプの異なるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの各種除草剤成分に対する反応.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,128.

  10. 村井政彦,宮本恭輔,熊田秀治(2016)インダノファン・ピラクロニル・ベンゾビシクロン混合剤を用いた水田難防除雑草の防除.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,134.

  11. 杉浦健司,山岡達也,佐瀬政明,白倉伸一,赤藤武一郎(2016)新規水稲用除草剤トリアファモンに関する研究(第2報)-トリアファモンおよびテフリルトリオン混合剤の作用特性-.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,43.

  12. 冨永達(2016)スーパー雑草の出現 -グリホサート抵抗性ヒユ属雑草を中心に-.植物の生長調節51,65-67.

  13. 上舘巧嵩,岩上哲史,春原由香里,松本宏(2016)多剤抵抗性タイヌビエにおける複数のACCase阻害剤に対する反応.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,130.

  14. 薄井雄太,三浦恒子,内野彰(2016)秋田県におけるALS阻害剤抵抗性オモダカの発生実態.日本雑草学会第55回大会講演要旨集,38.


    2015年

  1. 青木政晴,内野彰,青木大輔,酒井長雄(2015)長野県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの発生実態.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,47.

  2. Handayani, V.D.S., Y.Tanno, M.Yamashita, H.Tobina, M.Ichihara and H.Sawada(2017)Improved physical control of glyphosate-resistant italian ryegrass (Lolium multiflorum) on rice paddy levees in Japan.The 54th WSSJ Annual Meeting Abstracts,116

  3. 市原実,井鍋大祐,宮田祐二,神谷径明,鈴木亨,山下雅幸,澤田均(2015)水田畦畔におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの代替除草剤の選抜と,その体系処理の効果.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,133.

  4. 稲垣栄洋,加藤公彦,伊代住浩幸,影山智津子,貫井秀樹(2015)除草剤抵抗性研究におけるバイオフォトン利用の可能性.農業および園芸90,141-146.

  5. 伊藤一幸(2015)除草剤抵抗性雑草の出現における歴史側面.農業および園芸90,111-119.

  6. 岩上哲史(2015)ヒエ属水田雑草の除草剤抵抗性.農業および園芸90,147-153.

  7. 岩上哲史(2015)数種水田雑草における除草剤非作用点抵抗性の分子機構に関する研究.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,24-25.

  8. 岩上哲史(2015)数種水田雑草における除草剤非作用点抵抗性の分子機構に関する研究.雑草研究60,169-173.

  9. 岩上哲史(2015)多剤抵抗性タイヌビエの除草剤抵抗性メカニズム.植調48, 425-430.

  10. Iwakami, S., M.Hashimoto, K.Matsushima, H.Watanabe, K.Hamamura and A.Uchino(2015)Multiple-herbicide resistance in Echinochloa crus-galli var. formosensis, an allohexaploid weed species, in dry-seeded rice.Pesticide Biochemistry and Physiology119,1-8.

  11. 岩上哲史,橋本匡人,濱村謙史朗,松嶋賢一,渡邊寛明,内野彰(2015)岡山県の乾田直播水稲栽培で確認されたシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエにおける多除草剤抵抗性.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,45.

  12. 北川誉紘,大川茂範(2015)宮城県の水稲作圃場におけるALS阻害剤交差抵抗性イヌホタルイの発生動向と対策除草剤の使用適期.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,50.

  13. 古原洋(2015)北海道における除草剤抵抗性雑草の発生状況と対策.農業および園芸90,191-197.

  14. 眞鍋陽平,大段秀記,下野嘉子,冨永達(2015)九州北部のスルホニルウレア系除草剤抵抗性スズメノテッポウの作用点変異と抵抗性の程度.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,132.

  15. 松田晃(2015)山形県における除草剤抵抗性水田雑草の実態と対策.農業および園芸90,198-202.

  16. 松田晃,岩上哲史,内野彰(2015)山形県の水田におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの分布-Trp574変異型抵抗性の発生した地域の状況調査.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,48.

  17. 松田晃,内野彰(2015)山形県に発生した除草剤抵抗性ウリカワの各種除草剤成分に対する反応.雑草研究60,5-8

  18. 宮本恭輔,村井政彦,平林孝之,熊田秀治(2015)新規水稲用除草剤フェノキサスルホン・ベンスルフロンメチル・ベンゾビシクロン混合剤の作用特性.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,54.

  19. 聖代橋史佳(2015)神奈川県におけるSU剤抵抗性イヌホタルイの現状.雑草と作物の制御11,31-32.

  20. 永井絵理,寺本翔太,下野嘉子,冨永達(2015)グリホサート抵抗性オヒシバおよびヒメムカシヨモギにおけるグリホサート抵抗性の獲得機構.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,44.

  21. 大段秀記(2015)ムギ作の除草剤抵抗性雑草の発生状況と対策.農業および園芸90,181-186.

  22. 大野礼成,大段秀記,佐藤大和,他(2015)米・麦・大豆の輪作体系麦圃における浅耕播種技術を利用した除草剤抵抗性スズメノテッポウの総合的防除.福岡県農林業総合試験場研究報告1,88-93.

  23. 奥野潤一,岩上哲史,内野彰,土田邦夫,横山昌雄(2015)ゴルフ場の芝地に残存するヒメクグ(Cyperus brevifolius)のハロスルフロンメチルおよびフラザスルフロン感受性とアセト乳酸合成酵素遺伝子の変異.芝草研究43,159-162.

  24. 大川茂範(2015)宮城県における除草剤抵抗性水田雑草の現状と課題.農業および園芸90,203-210.

  25. 定由直(2015)水田雑草イヌホタルイの除草剤抵抗性.農業および園芸90,154-164.

  26. 清久達裕,眞鍋陽平,大段秀記,下野嘉子,冨永達(2015)九州北部で出現したスルホニルウレア系除草剤抵抗性スズメノテッポウにおけるALS遺伝子の集団内多型.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,46.

  27. 下野嘉子(2015)収穫物への除草剤抵抗性雑草種子の混入.農業および園芸90,134-140.

  28. Shimono, Y, A.Shimono, H.Oguma, A.Konuma and T.Tominaga(2015)Establishment of Lolium species resistant to acetolactate synthase-inhibiting herbicide in and around grain-importation ports in Japan.Weed Research 55,101-111.

  29. 菅沼丈人,井櫻賢二,小林庸輔,宮下めぐみ,大野研,吉井博(2015)水稲用除草剤フルセトスルフロン・メソトリオン・ピラクロニル混合剤の生物性能.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,40.

  30. 杉浦健司,佐瀬政明(2015)新規除草剤フルフェナセットに関する研究.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,55.

  31. 住吉正(2015)九州地域におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性水田雑草.農業および園芸90,211-215.

  32. 冨永達(2015)雑草のパラコート抵抗性の進化とその機構.農業および園芸90,120-125.

  33. 冨永達(2015)雑草のグリホサート抵抗性の進化とその機構.農業および園芸90,126-133.

  34. 冨永達(2015)雑草の除草剤抵抗性 -そのメカニズムと生活史特性-. 日本農薬学会誌,40,240-242.

  35. 土田邦夫(2015)芝地における除草剤抵抗性雑草の現状と対策.農業および園芸90,187-190.

  36. 内野彰(2015)多年生水田雑草の除草剤抵抗性.農業および園芸90,174-180.

  37. 薄井雄太,内野彰,三浦恒子(2015)除草剤抵抗性イヌホタルイにおける実生検定法を用いた交差抵抗性の簡易検定.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,49.

  38. 汪光熙,長鶴彩加(2015)水田雑草ミズアオイとコナギの除草剤抵抗性.農業および園芸90,165-173.

  39. 山崎明彦,金安洋典,関野景介,山田祐司(2015)新規水稲用除草剤ベンフレセート・ベンゾビシクロン・ピラクロニル混合剤の作用特性.日本雑草学会第54回大会講演要旨集,52.


    2014年

  1. 市原実,石田義樹,神谷径明,山下雅幸,澤田均(2014)水田畦畔におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの代替除草剤の選抜.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,138.

  2. 市原実,新實由貴,下野嘉子,冨永達,神谷径明,山下雅幸,澤田均(2014)静岡県内の水田地域におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの分布状況.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,44.

  3. Iwakami, S., M.Endo, H.Saika, J.Okuno, N.Nakamura, M.Yokoyama, H.Watanabe, S.Toki, A.Uchino and T.Inamura(2014)Cytochrome P450 CYP81A12 and CYP81A21 are associated with resistance to two acetolactate synthase inhibitors in Echinochloa phyllopogon.Plant Physiology 165,618-629.

  4. 岩上哲史,内野彰(2014)除草剤抵抗性の分子機構 -研究の現状と課題-.日本作物学会第238回講演要旨集,138.

  5. Iwakami, S., A.Uchino, Y.Kataoka, H.Shibaike, H.Watanabe and T.Inamura(2014)Cytochrome P450 genes induced by bispyribac-sodium treatment in a multiple-herbicide-resistant biotype of Echinochloa phyllopogon.Pest. Manag. Sci. 70,549–558.

  6. Iwakami, S., H.Watanabe, T.Miura, H.Matsumoto and A.Uchino(2014)Occurrence of sulfonylurea resistance in Sagittaria trifolia, a basal monocot species, based on target-site and non-target-site resistance.Weed Biol. Manag. 14,43-49.

  7. 北川誉紘,大川茂範(2014)宮城県の水稲作圃場におけるALS阻害剤交差抵抗性イヌホタルイの発生実態.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,36.

  8. 松田晃(2014)山形県の水田における近年の除草剤抵抗性雑草の現状.東北の雑草13,8-14.

  9. 聖代橋史佳,久保深雪,野村研(2014)神奈川県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイおよびオモダカの解析.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,141.

  10. 長鶴彩加,板野愛,汪光熙,横内茂,鈴木まほろ,黒沢高秀(2014)東日本大震災の津波跡地に出現したミズアオイはどこから来たか.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,70.

  11. 大段秀記,住吉正,小荒井晃(2014)九州北部のムギ圃における除草剤抵抗性スズメノテッポウの発生実態と各種除草剤に対する反応.雑草研究59,157-166.

  12. 大野礼成,大段秀記,小田原考治,平田朋也(2014)大豆後ムギ圃における除草剤抵抗性スズメノテッポウ(Alopecurus aequalis)の浅耕一工程播種および除草剤体系処理による総合防除.九州の雑草44,15-18.

  13. 大野礼成,佐藤大和,小田原孝治,平田朋也,大段秀記(2014)水稲後作コムギにおける除草剤抵抗性スズメノテッポウの発生を低減できる浅耕播種技術を核とした総合防除.雑草研究59,195-203.

  14. 定由直(2014)スルホニルウレア抵抗性イヌホタルイのALSにおける作用点変異の多様性と交差抵抗性.植調48,186-191.

  15. Saika, H., Horita J, F.Taguchi-Shiobara, S.Nonaka, A.Nishizawa-Yokoi, S.Iwakami, K.Hori, T.Matsumoto, T.Tanaka, T.Itoh, M.Yano, K.Kaku, T.Shimizu and S.Toki(2014)A novel rice cytochrome P450 gene, CYP72A31, confers tolerance to acetolactate synthase-inhibiting herbicides in rice and Arabidopsis.Plant Physiology166,1232-1240.

  16. 雑賀啓明,土岐精一(2014)除草剤の解毒代謝に関わるイネのシトクロムP450遺伝子CYP72A31.バイオサイエンスとインダストリー(B&I)72,415-416.

  17. 関根さゆ里,下野綾子,下野嘉子,大澤良(2014)ライグラス類における移入集団と逸出集団間の遺伝子流動の制限要因.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,105.

  18. Soteres, J.K., J.R.Prado,脇森裕夫,山根精一郎(2014)除草剤耐性作物とグリホサート抵抗性雑草の現状と課題.植調48,75-87.

  19. 土田邦夫,奥野潤一,横山昌雄(2014)ALS阻害型除草剤抵抗性ヒメクグの数種SU剤に対する感受性.芝草研究43(別1),76-77.

  20. 内野彰(2014)水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の分子機構の解明に関する研究.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,12-15.

  21. 内野彰(2014)水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の分子機構の解明に関する研究.雑草研究59,100-105.

  22. 内野彰(2014)水田雑草オモダカにおけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性とその防除.植調48,268-275.

  23. 内野彰,岩上哲史(2014)水田雑草のALS阻害剤抵抗性-抵抗性の機構と個体群動態-.東北の雑草13,1-7.

  24. 内野彰,岩上哲史(2014)水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の出現とその生態.日本農薬学会誌39,25-62.

  25. 牛口良夫,岡本憲一,高橋勝弘,池田芳治,佐柳和典(2014)水稲用除草剤ピラクロニルの開発と普及.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,16-19.

  26. 牛口良夫,岡本憲一,高橋勝弘,池田芳治,佐柳和典(2014)水稲用除草剤ピラクロニルの開発と普及.59,106-111.

  27. 上野直也,石井利幸(2014)山梨県の普通作物における雑草防除の課題,平成25年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,25-26.

  28. 若松謙一,清水洋之(2014)鹿児島県の作物栽培における雑草防除の現状と主な雑草について.九州の雑草43,2-6.

  29. Wang,J., Y.Sunohara and H.Matsumoto(2014)Physiological mechanisms of thifensulfuron-methyl resistance in Alopecurus aequalis.日本雑草学会第53回大会講演要旨集,140.

  30. 山口晃,大段秀記(2014)除草剤抵抗性を獲得した麦作雑草スズメノテッポウの総合防除技術.日本農薬学会誌39,63-67.


    2013年

  1. 青木政晴(2013)長野県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,38-39.

  2. 青木政晴(2013)長野県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.雑草と作物の制御9,28-30.

  3. 後藤健志,二神和靖,伊志嶺正人(2013)沖縄本島におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの発生について.沖縄農業44(1),51-56.

  4. Imaizumi, T., Y.Kataoka, S.Ogata and A.Uchino, A(2013)Genetic diversity within and between sulfonylurea-resistant and susceptible populations of Schoenoplectus juncoides in Japan. Weed Research 53,290-298

  5. 石田義樹,新實由貴,下野嘉子,小池清裕,市原実,木田揚一,山下雅幸,浅井元朗,富永達,澤田均(2013)静岡県中遠地域におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの分布状況.雑草研究58(別)99.

  6. 岩上哲史,遠藤真咲,雑賀啓明,奥野潤一,中村直紀,渡邊寛明,横山昌雄,土岐精一,内野彰,稲村達也(2013)タイヌビエ多剤抵抗性系統において高発現するベンスルフロンメチル代謝シトクロムP450の同定.日本農薬学会第38回大会講演要旨集,105(2013.3.15)

  7. 岩上哲史,遠藤真咲,雑賀啓明,渡邊寛明,土岐精一,内野彰,稲村達也(2013)タイヌビエの多剤抵抗性系統における2種シトクロムP450のベンスルフロンメチル低感受性への関与とその制御.雑草研究58(別)97.

  8. 岩上哲史,遠藤真咲,雑賀啓明,渡邊寛明,土岐精一,内野彰,稲村達也(2013)タイヌビエの多剤抵抗性系統における2種シトクロムP450のペノキススラム低感受性への関与.雑草研究58(別)150.

  9. 松田晃(2013)山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカ(Sagittaria trifolia L.)の発生.東北の雑草12,5-8.

  10. 松田晃,青木大輔,内野彰(2013)山形県で発生するスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの交差抵抗性とALS遺伝子変異.雑草研究58(別)93.

  11. 眞鍋陽平,下野嘉子,大段秀記,三浦励一,冨永達(2013)九州北部のムギ畑に出現したスルホニルウレア系除草剤抵抗性スズメノテッポウのALS遺伝子における変異.雑草研究58(別)149.

  12. 宮下めぐみ,西村研吾,菅沼丈人,大野研,吉井博(2013)水稲湛水直播栽培で播種前・播種当日処理も可能なピラゾキシフェン・ベンゾビシクロン混合剤の生物性能.雑草研究58(別),25.

  13. 中井譲,鳥塚智,河村政彦(2013)スルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイの水稲収量への影響と対策剤による防除法.滋賀県農業技術振興センター研究報告51,9-13.

  14. 那須英夫(2013)シハロホップブチル抵抗性ノビエに対する除草剤体系防除.雑草研究58(別)96.

  15. 新實由貴,池田六洋,山下雅幸,石田義樹,浅井元朗,下野嘉子,冨永達,澤田均(2013)静岡県袋井市の水田畦畔におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの出現.雑草研究58(別)98.

  16. Niinomi, Y., M.Ikeda, M.Yamashita, Y.Ishida, M.Asai, Y.Shimono, T.Tominaga and H.Sawada(2013)Glyphosate-resistant Italian ryegrass (Lolium multiflorum) on rice paddy levees in Japan.Weed Biol. Manag. 13,31–38.

  17. Nukui, H., H. Inagaki, H. Iyozumi and K. Kato(2013)Biophoton Emissions in Sulfonylurea-Herbicide-Resistant Weeds. In "Herbicides - Advances in Research" ed. by Andrew Price, DOI: 10.5772/55846, Available from: http://www.intechopen.com/books/herbicides-advances-in-research/biophoton-emissions-in-sulfonylurea-herbicide-resistant-weeds

  18. 大川茂範,北川誉紘,青木大輔,内野彰(2013)宮城県の水稲作圃場におけるALS阻害剤交差抵抗性イヌホタルイの確認.雑草研究58(別)94.

  19. 大川茂範(2013)宮城県の除草剤抵抗性水田雑草発生の現状と課題.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,30-33.

  20. 大川茂範(2013)宮城県の除草剤抵抗性水田雑草発生の現状と課題.雑草と作物の制御9,15-21.

  21. 大野礼成,佐藤大和,平田朋也,小田原孝治(2013)麦の浅耕二工程播種と晩播による除草剤抵抗性スズメノテッポウの防除.雑草研究58(別)64.

  22. 大隈光喜(2013)抵抗性スズメノテッポウに対する新規除草剤の効果変動.植調47(8),295-300.

  23. Sada, Y., H. Ikeda and S. Kizawa(2013)Rapid diagnosis of sulfonylurea-resistant Schoenoplectus juncoides [Roxb.] Palla using polymerase chain reaction-restriction fragmentlength polymorphism and isogene-specific direct sequencing. Weed Biol. Manag. 13, 1-9.

  24. Sada, Y., H. Ikeda and S. Kizawa(2013)Resistance levels of sulfonylurea-resistant Schoenoplectus juncoides (Roxb.) Palla with various Pro197 mutations in acetolactate synthase to imazosulfuron, bensulfuron-methyl, metsulfuron-methyl and imazaquin-ammonium. Weed Biol. Manag. 13,53-61.

  25. Sada, Y., H. Ikeda, S.Yamato and S. Kizawa(2013)Characterization of sulfonylurea-resistant Schoenoplectus juncoides having a target-site Asp(376)Glu mutation in the acetolactate synthase. Pesticide Biochemistry and Physiology107 (1),106-111.

  26. 住吉正(2013)地上部再生法によるウキアゼナのスルホニルウレア系除草剤抵抗性簡易検定.雑草研究58(1)10~13.

  27. 住吉正(2013)水田帰化雑草ウキアゼナに関する最近の研究成果.植調47,121-127.

  28. 高山尊之,菅原秀美,小林方美,山地充洋(2013)ピリミスルファンのスルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイに対する除草効果.雑草研究58(別)95.

  29. 田中研一(2013)茨城県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,34-35.

  30. 田中研一(2013)茨城県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.雑草と作物の制御9,22-24.

  31. 土田邦夫(2013)水田・畑地・芝地における除草剤抵抗性雑草の対策.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,24-29.

  32. 土田邦夫(2013)水田・畑地・芝地における除草剤抵抗性雑草の対策.雑草と作物の制御9,7-14.

  33. Tsuji,K., M.Hosokawa, S.Morita, R.Miura and T.Tominaga(2013)Resistance to paraquat in Mazus pumilus.Weed Research53,176–182.

  34. 内野彰 (2013)水田雑草における除草剤抵抗性の出現とその生態.日本農薬学会第38回大会講演要旨集,47(2013.3.15).

  35. 内野彰,岩上哲史(2013)水田雑草における除草剤抵抗性研究の現状.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,20-23.

  36. 内野彰,岩上哲史(2013)水田雑草における除草剤抵抗性研究の現状.雑草と作物の制御9,3-6.

  37. 上野敏昭(2013)埼玉県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.平成24年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,36-37.

  38. 上野敏昭(2013)埼玉県におけるSU抵抗性雑草の発生実態と対応.雑草と作物の制御9,25-27.

  39. 山口晃,大段秀記(2013)除草剤抵抗性を獲得した麦作雑草スズメノテッポウの総合防除技術.日本農薬学会第38回大会講演要旨集,48(2013.3.15)

  40. Yamada, Y.,T.Tominaga and T.Ohsako(2013)Microsatellite variability of sulfonylurea-resistant and susceptible populations of Schoenoplectus juncoides (Cyperaceae) in Kinki, Japan.Weed Research 53,429-439.

  41. Yamato, S., Y.Sada and H. Ikeda (2013)Characterization of acetolactate synthase from sulfonylurea herbicide-resistant Schoenoplectus juncoides. Weed Biol. Manag. 13,104-113.


    2012年

  1. Hashim,S., A.Jan, Y.Sunohara, M.Hachinohe, H.Ohdan,H.Matsumoto(2012)Mutation of alpha-tubulin genes in trifluralin-resistant water foxtail (Alopecurus aequalis). Pest Management Science 68,422-429.

  2. 平山智士,那須英夫,伊藤一幸(2012)岡山市の水稲乾田直播地帯におけるシハロホップブチル抵抗性イヌビエ有芒種とヒメタイヌビエの分布.雑草研究57(別),127.

  3. 伊藤達也,汪光熙,劉士平,小澤友理子,冨永達(2012)ALS遺伝子ファミリーの1遺伝子における変異でSU剤抵抗性が獲得されるか?―ミズアオイとコナギを例に―.雑草研究57(別),26.

  4. 岩上哲史,青木大輔,西田有一郎,長嶋剛史,舟山亮,中山啓子,渡邊寛明,内野彰,稲村達也(2012)次世代シークエンサーを用いたタイヌビエのトランスクリプトーム解析および除草剤誘導性遺伝子のスクリーニング.雑草研究57(別),129.

  5. 岩上哲史,遠藤真咲,雑賀啓明,渡邊寛明,土岐精一,内野彰,稲村達也(2012)タイヌビエのシトクロムP450遺伝子とその除草剤耐性への関与.日本農薬学会第37回大会講演要旨集,134

  6. Iwakami, S.,A.Uchino, H.Watanabe, Y.Yamasue, T.Inamura(2012)Isolation and expression of genes for acetolactate synthase and acetyl-CoA carboxylase in Echinochloa phyllopogon, a polyploid weed species. Pest Management Science 68,1098-1106.

  7. 松田晃,内野彰(2012)山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの発生実態と対策.雑草研究57(別),25.

  8. 松田晃,内野彰(2012)山形県において発生するスルホニルウレア系除草剤抵抗性ウリカワに対する各種除草剤成分の効果.雑草研究57(別),126.

  9. 三浦斗夢,春原由香里,内野彰,松本宏(2012)アセト乳酸合成酵素遺伝子に変異を持たないオモダカにおけるベンスルフロンメチル抵抗性機構.雑草研究57(別),128.

  10. 那須英夫(2012)水稲直播水田におけるシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエの発生確認.雑草研究57(別),23.

  11. 那須英夫(2012)水稲直播水田におけるシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエの発生.日本農薬学会第37回大会講演要旨集,131.

  12. 野村研,久保深雪,山口元治(2012)神奈川県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの分布.雑草研究57(別),27.

  13. 大段秀記(2012)浅耕播種、不耕起播種を活用した除草剤抵抗性スズメノテッポウの総合防除技術.植調46(10),415-423.

  14. 大段秀記(2012)除草剤抵抗性スズメノテッポウの埋土種子動態に及ぼす耕種要因の影響.九州の雑草41,25-32.

  15. 大隈光善(2012)北部九州地域での麦圃でのスズメノテッポウの総合防除.植調46(7),3-12

  16. 大隈光善(2012)麦作でのスズメノテッポウの徹底防除のための前作と中耕、土入れの利活用.九州の雑草41,24-28.

  17. 奥野潤一,山口美香,岩上哲史,内野彰,相田治男,中石好則,中村公治,土田邦夫,横山昌雄(2012)同一ゴルフ場から採取したスルホニルウレア系除草剤抵抗性ヒメクグにおけるALS遺伝子の解析.芝草研究41(別1),78-79.

  18. Sada, Y., S. Kizawa and H. Ikeda (2012) Varied occurrence of diverse sulfonylurea-resistant biotypes of Schoenoplectus juncoides [Roxb.] Palla in Japan, as classified by an acetolactate synthase gene mutation. Weed Biol. Manag. 12, 168-176.

  19. 佐藤敦,板屋大吾,朝倉草平,花井涼(2012)ピロキサスルホン剤のコムギ作における問題雑草に対する除草効果.雑草研究57(別),47.

  20. 田中易,池田源,梶原ゆかり,南圭三郎,田渕学典(2012)水稲除草剤プロピリスルフロンの開発.雑草研究57(別),2~5.

  21. 田中易,池田源,梶原ゆかり,南圭三郎,田渕学典(2012)水稲除草剤プロピリスルフロンの研究開発.雑草研究57,56-60.

  22. 土田邦夫,奥野潤一,相田治男,横山昌雄(2012)ゴルフ場芝地におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性ヒメクグの防除体系.芝草研究41(別1),54-55.

  23. 内野彰(2012)除草剤抵抗性雑草の生態と防除:オモダカなど水田雑草における除草剤抵抗性.グリーンテクノ情報7(3),16-20.

  24. 内野彰,今泉智通,浅井元朗,渡邊寛明(2012)イヌホタルイのSU抵抗性バイオタイプの顕在化に与える種子発芽特性の影響.雑草研究57(別),24.

  25. 汪光熙,冨永達(2012)スルホニルウレア系除草剤に対する抵抗性の獲得とALS遺伝子ファミリー―ミズアオイ属雑草を例に―.日本学術会議公開シンポジウム「植物保護におけるゲノム科学の利用」資料,11-14.

  26. 矢野哲彦,佐伯学,小林弘,玉田佳丈,中屋潔彦,森本勝之(2012)新規水稲用除草剤メタゾスルフロンに関する研究.雑草研究57(別),21.


    2011年

  1. 新井健太郎,金安洋典,関野景介,山田祐司,内野彰(2011)ヒメクグにおけるアセト乳酸合成酵素阻害型除草剤感受性の検定法.芝草研究40(別),6-7.

  2. 朝倉草平,高山尊之,大野修二,加藤敦士,花井涼(2011)新規除草剤ピリミスルファンに関する研究(1)水稲除草剤としての特性雑草研究56(別),42.

  3. 朝倉草平,高山尊之,大内昭彦,今井亜希子,花井涼(2011)新規除草剤ピリミスルファンに関する研究(2)難防除多年生雑草に対する効果.雑草研究56(別),43.

  4. 福島県農業総合センター作物園芸部稲作科(2011)福島県におけるSU剤抵抗性雑草発生生態と対応策.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,23.

  5. 日影勝幸(2011)岩手県におけるSU剤抵抗性雑草発生実態と対応策.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,12-14.

  6. 今泉智通(2011)水田雑草コナギにおけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の遺伝様式.九州の雑草40.27-31.

  7. 石岡将樹(2011)青森県におけるSU剤抵抗性雑草発生実態と対応策.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,12.

  8. 伊藤一幸,曽和祐介,那須英夫(2011)岡山県西大寺の乾田直播水田でシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエの出現.雑草研究56(別),13.

  9. 今泉智通(2011)コナギにおけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の遺伝様式.九州の雑草40,27-31.

  10. 岩上哲史,青木大輔,内野彰,中山祐一郎,渡邊寛明,山末祐二,稲村達也(2011)タイヌビエおよびイヌビエにおけるALS遺伝子とACCase遺伝子のコピー数および発現パターン.雑草研究56(別),14.

  11. 木持はづき,安倍拓也,小笠原勝(2011)ALS阻害型除草剤に対するヒメクグの感受性.芝草研究40(別),24-25.

  12. 牧山繁生,秀島好知,森敬亮,市丸喜久,横尾浩明(2011)麦の不耕起播種栽培における抵抗性スズメノテッポウの発生量低減効果.雑草研究56(別),33.

  13. 松田晃(2011)山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草の発生実態と対応策.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,21-22.

  14. 松田晃(2011)山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの発生の確認.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,26-28.

  15. 松田晃,内野彰(2011)山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性オモダカの発生.雑草研究56(別),170.

  16. 峯岸なつこ,中村新,杉浦健司,山岡達也,大塚喜平,加持集三,向田秀司,白倉伸一(2011)新規水稲除草剤テフリルトリオンに関する研究(第6報)/フェントラザミド、メフェナセットを含む混合剤の難防除雑草に対する除草効果.雑草研究56(別),40.

  17. 三浦恒子(2011)秋田県におけるSU剤抵抗性雑草発生実態と対応策.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,19-20.

  18. 溝口禎,澤路聖之,小島研一(2011)水稲用除草剤シクロスルファムロン・ペントキサゾン・ベンゾビシクロン混合剤の作用性検討雑草研究56(別),167.

  19. 村井政彦,西岡均,鎌田祐介(2011)水稲用除草剤NH-051(H)フロアブルの作用特性.雑草研究56(別),46.

  20. 那須英夫,吉永京司(2011)水稲直播水田におけるシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエの発生.雑草研究56(別),12.

  21. 西田勉,大隈光善,山口晃,古賀巧(2011)麦の不耕起ないし浅耕播種栽培における除草剤抵抗性スズメノテッポウに対する新規除草剤の効果.雑草研究56(別),34.

  22. Nukui,H., H. Iyozumi, K. Kato, and C. Kageyama(2011)Involvement of cytochrome P450 in bensulfronmethyl responsive photon emission from rice cells.Proceedings of 51st Meeting Weed Science Society of America, Available from: http://wssaabstracts.com/public/4/abstract-123.html

  23. 大段秀記,住吉正,小荒井晃(2011)カズノコグサのトリフルラリン抵抗性バイオタイプの確認.雑草研究56(別),28.

  24. 大段秀記,住吉正,小荒井晃(2011)抵抗性スズメノテッポウの埋土種子動態.雑草研究56(別),29.

  25. 大川茂範(2011)宮城県におけるSU剤抵抗性雑草の発生実態と対応技術.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,14-19.

  26. 大野礼成,平田朋也,小田原孝治(2011)麦浅耕播種による除草剤抵抗性スズメノテッポウの防除効果.雑草研究56(別),32.

  27. 奥野潤一,岩上哲史,内野彰,中村公治,永江繁政,土田邦夫,横山昌雄(2011)ALS阻害型除草剤低感受性ヒメクグにおけるALS遺伝子の解析.芝草研究40(別),4-5.

  28. 下野嘉子,下野綾子,小沼明弘(2011)除草剤抵抗性雑草ドクムギ属の分布状況の広域評価と集団間の遺伝的分化程度.雑草研究56(別),36.

  29. 土田邦夫,奥野潤一,横山昌雄,中村公治,永江繁政(2011)採取地の異なるヒメクグの各種除草剤に対する感受性.芝草研究40(別),2-3.

  30. 内野彰(2011)東北地方におけるSU剤抵抗性研究~これまでの経緯と研究の現状~.日本植物調節剤研究協会東北支部会報46,7-11.

  31. 内野彰,柳川忠男,三浦誠(2011)数種多年生水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤および各種除草剤に対する反応.関東雑草研究会報21,38.

  32. 牛口良夫(2011)PPO阻害型水田用除草剤ピラクロニル.雑草研究56(別),45.

  33. 矢野哲彦,押山悦夫(2011)新規小麦用除草剤エスプロカルブ・ジフルフェニカン混合剤の作用特性.雑草研究56(別),21.

  34. 安田英樹(2011)香川県の麦ほ場における除草剤抵抗性スズメノテッポウの発生状況と新規除草剤の効果について.雑草研究56(別),31.


    2010年

  1. 浅野紘臣,伊藤健二,岸野満,今泉智通,内野彰(2010)石垣島におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの分布.雑草研究55(別),151.

  2. Hashim,S. M.Hachinohe, Y.Sunohara, H.Ohdan and H. Matsumoto(2010)Mechanism of trifluralin resistance in Alopecurus aequalis found in Kyushu.雑草研究55(別),149.

  3. 池田源,西山孝行,塚本修,梶原ゆかり,大和誠司,木澤悟,田中易(2010)新規水稲用除草剤プロピリスルフロンの作用特性-1除草効力.雑草研究55(別),15.

  4. 今泉智通(2010)DNA多型解析を用いた水田雑草コナギのスルホニルウレア系除草剤抵抗性に関する研究.雑草研究55(別),10-11.

  5. 今泉智通(2010)DNA多型解析を用いた水田雑草コナギにおけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の研究.雑草研究55,82-88.

  6. 角康一郎,河合清,井沢典彦,清水力(2010)ビスピリバックナトリウム塩を選抜用試薬とする新規植物形質転換技術の開発.雑草研究55(別),6-9.

  7. 角康一郎,河合清,井沢典彦,清水力(2010)ビスピリバックナトリウム塩を選抜用試薬とする新規植物形質転換技術の開発.雑草研究55,74-81.

  8. 片岡由希子,中山壮一,内野彰,今泉智通,永田信彦,天笠正,仁木理人(2010)山形県および愛知県で採取されたウリカワのベンスルフロンメチルに対する薬量反応とアセト乳酸合成酵素遺伝子における変異.雑草研究55,254-257.

  9. 小林健児,三浦励一,冨永達(2010)ドクムギ属におけるALS遺伝子の変異と除草剤抵抗性.雑草研究55(別),22.

  10. 熊田秀治,豆塚弘毅,鎌田祐介(2010)インダノファン(MK-243)に関する研究ムギ用除草剤としての作用特性(第1報).雑草研究55(別),12.

  11. 西田勉,山口晃,大隈光善(2010)筑後南部地域の麦圃における除草剤抵抗性スズメノテッポウの多発事例-土塊の大小と除草効果の変動-.雑草研究55(別),49.

  12. 大段秀記,住吉正,小荒井晃(2010)トリフルラリン抵抗性スズメノテッポウの休眠覚醒.雑草研究55(別),21.

  13. 緒方寿明(2010)鹿児島県におけるスルホニルウレア抵抗性ウキアゼナの発生状況と防除対策.植調44(7),267-274.

  14. 下野嘉子,小沼明弘(2010)穀物輸入港周辺における除草剤抵抗性雑草Lolium spp.の分布:2年間の比較.雑草研究55(別),65.

  15. Shimono,Y.,Y.Takiguchi,A.Konuma(2010)Contamination of internationally traded wheat by herbicide-resistant Lolium rigidum.Weed Biology and Management 10,219-228.

  16. 谷澤貞幸,竹内崇,内田成,木村知美,北原克也(2010)新規水稲除草剤テフリルトリオンに関する研究(第5報)-オキサジクロメホンを含む混合剤の特性.雑草研究55(別),14.

  17. 辻賢一郎,細川宗孝,三浦励一,冨永達(2010)トキワハゼのパラコート抵抗性および感受性生物型の抗酸化酵素活性.雑草研究55(別),148.

  18. 内野彰(2010)水田雑草の除草剤抵抗性の現状と防除対策.技術と普及47(8),19-21.

  19. 内山かおり(2010)福島県におけるベンスルフロンメチル剤抵抗性のオモダカの発生について.日本植物調節剤研究協会東北支部会報45,18-19.

  20. 山岡達也,大塚喜平,峯岸なつこ,杉浦健司,白倉伸一(2010)新規水稲除草剤テフリルトリオンに関する研究(第4報)-フェントラザミド、メフェナセットを含む混合剤の作用特性.雑草研究55(別),13.

  21. 横山昌雄(2010)除草剤抵抗性と対策.平成21年度日本植物調節剤研究協会近畿中国四国支部年次報告,1-7.


    2009年

  1. 福見尚哉(2009)鳥取県における水稲の雑草防除の現状と問題.植調43,223-226.

  2. 保科亨(2009)広島県の水稲作における雑草防除の現状と課題.植調43,356-360.

  3. 市丸喜久(2009)佐賀県における雑草防除の変遷と今後の雑草防除に望まれること.植調43,314-319.

  4. 今泉智通,尾形茂,内野彰(2009)イヌホタルイのスルホニルウレア系除草剤抵抗性集団における遺伝的多様性の集団間差異.雑草研究54(別),19.

  5. Inagaki,H., T.Imaizumi, G-X. Wang, T.Tominaga, K.Kato, H.Iyozumia and H.Nukuia(2009) Sulfonylurea-resistant biotypes of Monochoria vaginalis generate higher ultraweak photon emissions than the susceptible ones. Pesticide Biochemistry and Physiology 95, 117-120.

  6. 伊藤健二,今泉智通,内野彰(2009)鹿児島県の水田に発生したSU抵抗性ウキアゼナに対する各種除草剤の効果1.雑草研究54(別),20.

  7. 岩上哲史,内野彰,渡邊寛明,中崎鉄也,山末祐二,稲村達也(2009)多剤抵抗性タイヌビエにおける抵抗性メカニズムの解析:除草剤処理に対するシトクロムP450遺伝子の発現応答.雑草研究54(別),22.

  8. 木村知美,内田成,峯岸なつこ,向田秀司,竹内崇,岡村充康(2009)新規水稲除草剤テフリルトリオンに関する研究(第2報)スルホニルウレア抵抗性雑草に対する除草効果および残効性・葉齢限界.雑草研究54(別),11.

  9. 小牧和仁(2009)徳島県における水田雑草の現状と問題.植調43,265-268.

  10. 藏重宏史(2009)山口県における水稲の雑草防除の現状と課題.植調43,227-231.

  11. 宮崎真行(2009)福岡県における水稲の雑草防除の現状と課題.植調43,307-312.

  12. 西田勉,山口晃,大隈光善,平川孝行(2009)除草剤抵抗性スズメノテッポウに対する新規除草剤の効果と年次変動の影響.雑草研究54(別),23.

  13. 王恵子(2009)高知県における雑草防除の現状と問題.植調43,273-275.

  14. 大段秀記(2009)九州北部の麦作圃場におけるイネ科雑草の発生状況.九州の雑草39,10-14.

  15. 大橋善之(2009)京都府における水稲の雑草防除の現状と問題.植調43,188-191.

  16. 大谷和彦(2009)SU系除草剤抵抗性スズメノテッポウの防除.雑草と作物の制御5,24-27.

  17. 佐合隆一(2009)アメリカにおけるグリホサート抵抗性雑草の出現状況およびその対策.農業および園芸84(4)429-434.

  18. 酒井長雄(2009)長野県における水田雑草防除技術の課題とその対応.植調43,119-123.

  19. 清水洋之,河口幸一郎,下津文宏,緒方寿明,須田正樹,伊藤健二,水野貴仁(2009)鹿児島県の水田に発生したSU抵抗性ウキアゼナに対する各種除草剤の効果2.雑草研究54(別),21.

  20. 下野嘉子,水口亜樹,小沼明弘(2009)輸入港における除草剤抵抗性雑草Lolium spp.の有無.雑草研究54(別),103.

  21. 杉山稔,山下修,榎吉寿夫,富岡淳志,森島靖雄,KOTZIAN Ruediger (2009)新規除草剤メソトリオンに関する研究 第2報 水田用除草剤としての作用特性.雑草研究54(別),14-15.

  22. 鳥塚智(2009)滋賀県における環境こだわり水稲栽培と水田雑草防除技術.植調43,184-191.

  23. 内野彰,今泉智通,青木政晴,中山幸則,神田幸英,渡邊寛明(2009)スルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイに対する各種有効成分の効果変動要因.雑草研究54(別),127.

  24. 内野彰,伊藤晴通(2009)ヘラオモダカにおけるスルホニルウレア系除草剤に対する反応の差異.関東雑草研究会報20,45.

  25. 内野彰,柳川忠男,三浦誠(2009)数種多年生水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤および各種除草剤に対する反応.平成21年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,46.

  26. 安田英樹(2009)香川県における雑草防除の現状と課題.植調43,269-272.

  27. 吉田茂敏(2009)大分県における水稲の雑草防除の現状と問題.植調43,320-323.


    2008年

  1. 青木政晴,内野彰(2008)実生の生育を利用したイヌホタルイの抵抗性簡易検定法.雑草研究53(別),162.

  2. 荒井三千代(2008)福島県の水稲直播栽培における雑草の現状と対策.植調42,261-266.

  3. 深井正清,植田正浩,上田善紀,松下美郎(2008)大阪府内におけるスルホニルウレア系除草剤(SU剤)抵抗性雑草の発生状況.大阪環農水研報1:46~48.

  4. 平岩確,野村有美,小西敏郎(2008)愛知県におけるスルホニルウレア系除草剤に抵抗性を有する雑草の検定結果.雑草研究53(別),13.

  5. 今川彰教(2008)山形県における雑草防除の実態、問題になっている雑草について.植調42,257-259.

  6. Imaizumi,T., G.-X.Wang, T.Ohsako and T.Tominaga(2008)Genetic diversity of sulfonylurea-resistant and -susceptible Monochoria vaginalis populations in Japan. Weed Research 48,187-196.

  7. Imaizumi,T., G.-X.Wang, and T.Tominaga(2008)Inheritance of sulfonylurea resistance in Monochoria vaginalis . Weed Research 48,448-454.

  8. 今泉智通,汪光煕,冨永達(2008)コナギにおけるSU剤抵抗性の遺伝様式と抵抗性×感受性F1個体の抵抗性の程度.雑草研究53(別),11.

  9. 稲垣栄洋,今泉智通,汪光熙,冨永達(2008)静岡県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの分布.雑草研究53,123-127.

  10. Inagaki,H., Y.Ishida, A.Uchino, K.Kato, C.Kageyama, H.Iyozumi and H.Nukui(2008) Difference in ultraweak photon emissions between sulfonylurea-resistant and sulfonylurea-susceptible biotypes of Scirpus juncoides following the application of a sulfonylurea herbicide.Weed Biology and Management 8,78-84.

  11. 伊藤一幸,松本晃,笹山大輔,東哲司,池尻明彦,平田道弥(2008)山口県の水田から見つかったスルホニルウレア抵抗性ミズマツバとアブノメ.日本作物學會紀事77(別2),156-157

  12. 片岡由希子,永田信彦,天笠正,仁木理人,平岩確,内野彰,中山壮一(2008)スルホニルウレア抵抗性が疑われるウリカワのベンスルフロンメチルに対する薬量反応とALS遺伝子の変異.雑草研究53(別),14.

  13. Kawai,K., K.Kaku, N.Izawa, M.Shimizu, H.Kobayashi and T.Shimizu(2008)Herbicide sensitivities of mutated enzymes expressed from artificially generated genes of acetolactate synthase.Journal of Pesticide Science, 33,128-137.

  14. 小森盛三(2008)宮崎県における水田雑草の発生及び対策について.九州の雑草38,34-43.

  15. 三浦恒子(2008)秋田県における雑草防除の現状と課題.植調42,253-256.

  16. 宮崎真行,内川修,田中浩平(2008)福岡県におけるSU剤抵抗性水田雑草の発生状況と土壌検定法の検討.九州の雑草37,27-31.

  17. 守田和弘(2008)富山県における水田雑草防除の現状と問題.植調42,361-365.

  18. 中井譲,鳥塚智,川村政彦,吉岡ゆう(2008)抵抗性イヌホタルイ確認後の水稲栽培ほ場におけるスルホニルウレア系除草剤連年施用時の残草分布と雑草害の変遷.雑草研究53(別),10.

  19. 大段秀記,住吉正,小荒井晃,保田謙太郎(2008)発根法と発芽法によるスズメノテッポウのペンディメタリン抵抗性検定法.雑草研究53(別),17.

  20. 大段秀記,住吉正,小荒井晃,保田謙太郎(2008)九州北部におけるスズメノテッポウの除草剤抵抗性バイオタイプの発生実態.雑草研究53(別),161.

  21. 大川茂範,片岡由希子,中山壮一,吉田修一(2008)宮城県におけるスルホニルウレア抵抗性オモダカの遺伝変異の違いと発生分布.雑草研究53(別),18.

  22. Sekino,K., H.Koyanagi, E.Ikuta and Y.Yamada (2008) Herbicidal activity of a new paddy bleaching herbicide, benzobicyclon Journal of Pesticide Science 33,364-370.

  23. Shimizu,T, N.Izawa, H.Kanamoto, K.Tomizawa,A.Yokota and H.Kobayashi(2008)Selectable tolerance to herbicides by mutated acetolactate synthase genes integrated into the chloroplast genome of tobacco. Pant Phsiology,147, 1976-1983.

  24. 下野嘉子,小沼明弘(2008)輸入作物に混入する除草剤抵抗性雑草ボウムギ(Lolium rigidum)-ACCase阻害剤抵抗性個体の混入割合と抵抗性をもたらす塩基置換の有無-.雑草研究53(別),16.

  25. 内野彰(2008)スルホニルウレア系除草剤(SU剤)連用圃場で残存したシズイ(Scirpus nipponicus)のSU剤に対する反応.東北の雑草8,7-11.

  26. 内野彰,伊藤晴通(2008)ヘラオモダカにおけるスルホニルウレア系除草剤に対する反応の差異.平成20年度関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,52.

  27. 内野彰,大野修二,角康一郎,平岩確,永田信彦,仁木理人,天笠正(2008)多年生水田雑草オモダカおよびウリカワにおけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性およびその地上部再生法による抵抗性検定.雑草研究53(別),12.

  28. 汪光煕(2008)除草剤抵抗性雑草のDNA変異の迅速な解析.九州の雑草37,32.

  29. 山本善太,中野理子(2008)徳島県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草の発生と対策.徳島農研報.5,1-6.

  30. 吉田修一,伊藤健二,権田重雄(2008)水田雑草のスルホニルウレア系除草剤抵抗性簡易検定キットの開発.雑草研究53(別),6-9.

  31. 吉田修一,伊藤健二,権田重雄(2008)水田雑草のスルホニルウレア系除草剤抵抗性簡易検定キットの開発.雑草研究53(3),143-149.


    2007年

  1. 青木政晴,内野彰(2007)実生の生育を利用したスルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイの検定法.平成19年度植調関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会資料,49.

  2. Inagaki,H., T.Imaizumi, G-X.Wang, T.Tominaga, K.Kato, H.Iyozumi and H.Nukui(2007) Spontaneous ultraweak photon emission from rice (Oryza sativa L.) and paddy weeds treated with a sulfonylurea herbicide. Pesticide Biochemistry and Physiology 89,158-162.

  3. 稲垣栄洋,石田義樹,加藤公彦,影山智津子,伊代住浩幸,貫井秀樹,内野彰,汪光熙,今泉智通,冨永達(2007)スルホニルウレア系除草剤処理後にイネおよび水田雑草から検出されるバイオフォトン.雑草研究52(別),292-293.

  4. Kawai,K., K.Kaku, N.Izawa, T.Shimizu, A.Fukuda and Y.Tanaka (2007) A novel mutant acetolactate synthase gene from rice cells, which confers resistance to ALS-inhibiting herbicides. Journal of Pesticide Science 32,89-98.

  5. Kawai,K, K.Kaku, N.Izawa, A.Fukuda, Y.Tanaka and T.Shimizu(2007)Functional analysis of transgenic rice plants expressing a novel mutated ALS gene of rice. Journal of Pesticide Science 32,385-392.

  6. 児嶋清,川名義明(2007)スルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草の発生動向ー2004年全国アンケート調査の結果からー.「2007最新除草剤・生育調節剤解説<追補>」,財団法人日本植物調節剤研究協会,pp.18-23.

  7. 大川茂範,平智文,吉田修一(2007)宮城県の水稲栽培圃場における難防除雑草の発生状況.雑草研究52(別),126-127.

  8. Ohsako,T. and T.Tominaga (2007) Nucleotide substitutions in the acetolactate synthase genes of sulfonylurea-resistant biotypes of Monochoria vaginalis (Pontederiaceae). Genes Genet. Syst.82,207-215.

  9. Okuzaki, A., T.Shimizu, K.Kaku, K.Kawai and K.Toriyama (2007) A novel mutated acetolactate synthase gene conferring specific resistance to pyrimidinyl carboxy herbicides in rice. Plant Molecular Biology 64,219-224.

  10. 大段秀記,住吉正,小荒井晃,保田謙太郎(2007)不定根の発生を利用したスズメノテッポウの除草剤抵抗性簡易検定法.雑草研究52(別),58-59.

  11. 清水力(2007)雑草から作物へ:除草剤抵抗性遺伝子を活用した遺伝子組み換え作物作出技術の開発. 農業と雑草の生態学-侵入植物から遺伝子組み換え作物まで(文一総合出版),p.169-188.

  12. 冨永達(2007)雑草のALS阻害剤抵抗性生物型の種子発芽特性.雑草研究52,36-40.

  13. 内川修,宮崎真行,田中浩平(2007)福岡県の小麦圃場における除草剤抵抗性スズメノテッポウの出現とその防除対策.雑草研究52,125-129.

  14. 内野彰(2007)水田雑草における除草剤抵抗性の生理生態.農業及び園芸82(11),1176-1181.

  15. 内野彰(2007) 日本の水田雑草におけるSU抵抗性研究の現状について. 雑草と作物の制御2,1-15.

  16. 内野彰,尾形茂,伊藤一幸(2007)東北地方で採取されたタイワンヤマイおよびシズイのスルホニルウレア系除草剤に対する反応.雑草研究52(別),290-291.

  17. Uchino,A., S.Ogata, H.Kohara, S.Yoshida, T.Yoshioka and H.Watanabe (2007) Molecular basis of diverse responses to acetolactate synthase-inhibiting herbicides in sulfonylurea-resistant biotypes of Schoenoplectus juncoides. Weed Biology and Management 7,89-96.

  18. 内野彰,尾形茂,渡邊寛明(2007)数種水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性迅速検定法の改良.東北の雑草7,27-31

  19. 内野彰,芝池博幸(2007)水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性とその進化.農業と雑草の生態学-侵入植物から遺伝子組み換え作物まで(文一総合出版),p.139-142.

  20. 内野彰,渡邊寛明(2007)アゼトウガラシ属水田雑草(Lindernia spp.)及びイヌホタルイ(Scirpus juncoides var. ohwianus)におけるアセト乳酸合成酵素活性の生育ステージ及び部位による差異.雑草研究52(1),11-16.

  21. Uchino,A. and Watanabe,H.(2007) Effects of pyruvate and sucrose on acetolactate synthase activity in Lindernia spp. and Schoenoplectus juncoides in an in vivo assay.Weed Biology and Management 7,184-187.

  22. Wang,G-X., M-K.Tan, S.Rakshit, H.Saitoh, R.Terauchi, T.Imaizumi, T.Ohsako and T.Tominaga (2007) Discovery of single-nucleotide mutations in acetolactate synthase genes by Ecotilling.Pesticide Biochemistry and Physiology 88(2),143-148.

  23. Yoshida,S., K.Ito and A.Uchino (2007) Herbicidal efficacy of benzofenap against sulfonylurea resistant biotypes of Sagittaria trifolia L. In: Proceedings of the 21st Asian-Pacific Weed Science Society Conference, ed. by B. Marambe, U. R. Sangakkara, W. A. J. M. De Costa and A. S. K. Abeysekara, Colombo, Sri Lanka, p.668-669.


    2006年

  1. 遠藤彦(2006)SU抵抗性雑草検定キットを使用して.日本植物調節剤研究協会東北支部会報41,7-8.

  2. 林雅史,三浦恒子,内野彰,渡邊寛明(2006)秋田県内5地域から採取したタイヌビエの数種除草剤に対する反応.第8回東北雑草研究会資料,p.4.

  3. 星一好(2006)栃木県における抵抗性雑草の発生実態と防除.雑草と作物の制御2,29.

  4. 井上由紀,山川淳(2006)山形県内の水田におけるSU抵抗性雑草発生実態調査.日本作物学会東北支部会報49,57-58.

  5. 角康一郎,大野修二,小川安則,清水力(2006)ALSドメインAのプロリン変異と薬剤抵抗性の関係及びSU抵抗性雑草のALS遺伝子解析.雑草研究51(別),140-141.

  6. 片岡由希子,山末祐二,A.J.Fischer,内野彰(2006)米国産除草剤多剤抵抗性タイヌビエにおけるCytochrome P450遺伝子の単離.雑草研究51(別),86-87.

  7. 古原洋(2006)スルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイの発見と生態的特性に基づく防除方法の確立.北海道立農業試験場報告111,1-46.

  8. 村井政彦,西岡均,児玉洋(2006)インダノファン・クロメプロップ・ベンスルフロンメチル混合剤のスルホニルウレア系除草剤抵抗性ホソバヒメミソハギに対する効果.近畿雑草研究会講演要旨

  9. (財)日本植物調節剤研究協会(2006)SU抵抗性雑草の簡易検定法.雑草と作物の制御2,19-21.

  10. 大段秀記,浅井元朗(2006)畑作におけるSU抵抗性雑草研究について-九州地域の事例を中心に-.第1回関東支部雑草防除研究会,日本植物調節剤研究協会関東支部,p.14-15.

  11. 大段秀記,浅井元朗(2006)畑作におけるSU抵抗性雑草研究について.雑草と作物の制御2,22-26.

  12. 大橋善之,冨永達(2006)京都府における水田雑草のスルホニルウレア系除草剤抵抗性生物型の出現状況.近畿作育研究51,49-50.

  13. 大張智(2006)SU抵抗性雑草新簡易検定キットの改善効果.日本植物調節剤研究協会東北支部会報41,9-10.

  14. 齋藤幸一郎(2006)埼玉県における除草剤抵抗性雑草の発生実態と防除.雑草と作物の制御2,30.

  15. 斉藤寿久(2006)香取地域におけるSU抵抗性雑草の発生について.雑草と作物の制御2,31-32.

  16. 酒井長雄(2006)長野県におけるSU抵抗性雑草の発生動向とその対策.雑草と作物の制御2,33-34.

  17. 田中十城(2006)SU抵抗性雑草の簡易検定法.第1回関東支部雑草防除研究会,日本植物調節剤研究協会関東支部,p.16-17.

  18. 田中十城(2006)日本の水稲作におけるスルホニルウレア抵抗性雑草対策の現状について.日本雑草学会45周年記念(第21回)シンポジウム講演要旨,日本雑草学会,p.10-21.

  19. 寺沼直美(2006)茨城県における抵抗性雑草の発生実態と防除.雑草と作物の制御2,27-28.

  20. 内野彰(2006)稲作におけるSU抵抗性雑草研究の現状について.第1回関東支部雑草防除研究会,日本植物調節剤研究協会関東支部,p.1-13.

  21. 内野彰(2006)日本の水田雑草におけるSU抵抗性研究の現状について.雑草と作物の制御2,2-14.

  22. 内野彰(2006)水田雑草におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性の迅速検定法.雑草と作物の制御2,15-18.

  23. 内野彰(2006)SU抵抗性雑草に関する最近の話題.第23回農薬生物活性研究会シンポジウムプログラム,日本農薬学会,p.1-4.

  24. 内野彰,古原洋,吉田修一,大段秀記,芝池博幸(2006)イヌホタルイ集団におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性変異遺伝子頻度の推定.雑草研究51(別),92-93.

  25. 内野彰,尾形茂,伊藤一幸(2006) 岩手県のタイワンヤマイにおけるスルホニルウレア系除草剤に対する反応とALS遺伝子の変異. 第18回関東雑草研究会講演要旨集,p.42.

  26. 八島由美(2006)SU抵抗性雑草新簡易検定キットの改善効果.日本植物調節剤研究協会東北支部会報41,8.

  27. 吉田修一(2006)日本の水稲作におけるスルホニルウレア系除草剤雑草の発生について.日本雑草学会45周年記念(第21回)シンポジウム講演要旨,日本雑草学会,p.1-9.

  28. 吉田修一,伊藤健二,内野彰(2006)スルホニルウレア抵抗性オモダカ多発水田における効果的防除法.雑草研究51(別),90-91.


    2005年

  1. 伊藤博樹(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(6)福島県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,14.

  2. 伊藤一幸(2005)除草剤抵抗性雑草の発生動向に関する先駆的研究.50,193-198.

  3. Itoh,K., A.Uchino and T-S.Park(2005)An overview of herbicide resistance of sulfonylureas in Japan and Asia. In: Proceedings of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, ed. by The organization of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, Vietnam, p.24-34.

  4. 金久保秀輝,林信英(2005)茨城県水海道市で見つかった数種のスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草が混生する水田とそこでの雑草防除方法の検討.関東雑草研究会報16,45.

  5. 菊池晴志(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(1)青森県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,7-8.

  6. 児嶋清(2005)稲作雑草の発生状況の変化と防除対策.「今月の農業 3月号 (2005)」, 化学工業日報,pp.17-23.

  7. 三浦恒子(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(4)秋田県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,11-12.

  8. 尾形茂(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(2)岩手県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,8-9.

  9. 大段秀記,住吉正,小荒井晃,内川修(2005)九州におけるSU剤抵抗性雑草の発生状況.九州の雑草35,17-18.

  10. 大段秀記,住吉正,小荒井晃,内川修(2005)福岡県に発生した除草剤低感受性スズメノテッポウのトリフルラリンおよび各種土壌処理除草剤に対する反応.雑草研究50(別),70-71.

  11. 大迫敬義,杉浦良,藤本香織,冨永達(2005)コナギのスルホニルウレア系除草剤抵抗性生物型の遺伝的変異.雑草研究50(別),196-197.

  12. 斉藤冨士雄(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(3)宮城県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,9-11.

  13. Shibaike,H., A.Uchino and K.Itoh(2005)Molecular Characterization of Resistance to Acetolactate Synthase Inhibitors in Lindernia micrantha: Origin and Expansion of Resistant Biotypes. In: ACS Symposium Series 899 Environmental Fate and Safety Management of Agrochemicals, edited by Clark J. M. and Ohkawa H., American Chemical Society, Washington, DC, p.244-254.

  14. Shimizu,T., K.Kaku, K.Kawai, T.Miyazawa, and Y.Tanaka(2005)Molecular Characterization of Acetolactate Synthase in Resistant Weeds and Crops. In: ACS Symposium Series 899 Environmental Fate and Safety Management of Agrochemicals, edited by Clark J. M. and Ohkawa H., American Chemical Society, Washington, DC, pp. 255-271.

  15. Tominaga,T., R.Sugihara and T.Osako(2005)Ecological fitness and genetic variation of Monochoria vaginaris biotypes susceptible or resistant to sulfonylurea in Japan.In: Poster presentations of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, ed. by The organization of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, Vietnam, p.67.

  16. 内川修(2005)福岡県における水田雑草の発生状況と防除対策について.「今月の農業 3月号 (2005)」,化学工業日報,pp.44-48.

  17. 内川修,宮崎真行,田中浩平,大段秀記(2005)福岡県における除草剤低感受性スズメノテッポウの発生と各種除草剤の効果.雑草研究50(別),68-69.

  18. 内川修,宮崎真行,田中浩平,大段秀記(2005)水田麦圃場における除草剤抵抗性スズメノテッポウノ発生と簡易検定法.九州の雑草35,13-16.

  19. 内野彰(2005)ALS阻害剤抵抗性とALS遺伝子変異に関する最近の話題.植調39(5),170-176.

  20. 内野彰(2005)秋田県の数種オモダカ系統におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性変異.第7回東北雑草研究会資料,p5-6.

  21. 内野彰,尾形茂,吉田修一,谷なつ子,渡邊寛明(2005)イヌホタルイの数種SU剤抵抗性バイオタイプにおける交差抵抗性の差異.雑草研究50(別),110-111.

  22. 内野彰,渡邊寛明,菊池晴志,三浦嘉浩,尾形茂,臼井智彦,吉田修一,谷なつ子,三浦恒子,田口奈穂子,矢野真二,伊藤博樹,新田靖晃(2005)東北6県における2003年までのスルホニルウレア系除草剤抵抗性水田雑草の確認状況.東北の雑草5,24-28.

  23. 山川淳(2005)東北のSU抵抗性雑草検定の取り組みを見る(5)山形県.日本植物調節剤研究協会東北支部会報40,11-13.

  24. Yoshida,S., K.Itoh and S.Gonda(2005)Development of detection kit for sulfonylurea resistant weeds of paddy field by the difference in their rooting responses.In: Poster presentations of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, ed. by The organization of the 20th Asian-Pacific Weed Science Society Conference, Vietnam, p.69.


除草剤抵抗性雑草研究会のホームページ