第18回東北雑草研究会

 


第18回東北雑草研究会は、2016930日に福島県で開催しました。64名の参加がありました。プログラムは以下の通りです。


13:10 講演会

第1部 休耕・耕作放棄地の雑草管理と利用

「休耕・耕作放棄地の植生遷移と保全管理−生物多様性の視点から−」

農研機構農業環境変動研究センター 楠本良延

「多年生雑草が優占した耕作放棄畑の復元技術」

                      農研機構中央農業研究センター 薬師堂謙一

「津波被災地における非選択性除草剤航空散布の実績と今後の課題」

日産化学工業 小池龍也,小泉商事 佐々木哲

「耕作放棄地の周年放牧に向けた植生管理と課題」

                      農研機構畜産研究部門 平野清

 

第2部 一般講演

1.無コーティング代かき同時播種水稲直播栽培におけるイネ,タイヌビエの葉令進展と一発処理型除草剤の薬害

○川名義明,白土宏之

2.宮城県中部における水田転換畑作の雑草害の現状と防除に向けた取り組みについて

○山内歩実

3.水稲有機栽培における収穫後蒸気処理による雑草防除効果(予報)

加藤優来,○浅井元朗

 

16:40 総会


·  東北雑草研究会のホームページ
20729日更新)